マーチンゲール法がカジノにおいて使用されているのを目にしますが、この手法は多くのルーレットプレイヤーがオンラインでギャンブルをする時にも使用します。マーチンゲール法の一般形式の一つは、ルーレットで倍に賭けていく戦略です。アイディアは非常に簡単です。まずアウトサイドベットの1つに賭け、負けるたびに賭け金を倍にし、勝つまでそれを続けます。勝った時点で、それまでの全ての損失を相殺し、元々の賭け金に等しい利益を得られることになります。そして、最初の賭け金に戻して賭けを再開し、勝つまで再び倍にして賭けていきます。 マーチンゲール法ルーレットの倍賭け戦略 以下がこのアイディアを説明する具体的な例になります。例えば、黒に1つのチップを賭け、ルーレットが赤に止まれば、そのチップは負けになります。主要なマーチンゲール法ルーレット戦略のポイントとして、ここで賭け金を倍にする、つまり黒に2つのチップを賭けます。黒になった場合は、2つのチップを獲得します。これにより、最初のラウンドの損失を取り戻せます。 黒ではなく赤が再び現れた場合は、チップを2倍にし、黒に4つのチップを賭ける必要があります。負けるたびに賭け金を倍にしていきますが、これが続いてしまう可能性もあります。勝てば、失われた全てのチップを取り戻し、1つの追加のチップを得られます。実際のルーレット条件では、ゲームをコントロールしプレイヤーを失敗させ得る問題がいくつか存在します。 マーチンゲール法はハウスエッジに勝てるのか マーチンゲール法のアイディアに欠点はありませんが、カジノ側が一貫して勝つと言えます。ここで、変則的なのがハウスエッジに有利となる緑色のゼロポケットです。その結果、賭け方に関係なく、確率は一貫してプレイヤーに不利になります。どちらにも分類されない緑色のゼロを考慮すると、最も安全なアウトサイドベットでも、勝つ可能性は実質的に48.6%の半分になります。確率はプレイヤーに有利にはなりません。マーチンゲール法の構想はビジネスに対処することは出来ないのです。 隠れた危険 マーチンゲール法ルーレット戦略は非常に危険なものとされ、経験豊富なプレイヤーはほとんど使用しないことは既に述べました。主な問題は、この戦略を使用することによって非常に速くお金が出ていき、運がなかった場合いくつかのラウンド後に軍資金が尽きてしまう可能性があるということです。ほとんどのルーレットチャートに賭けの制限があります。長く賭けた後に制限を受けることがあり、その場合倍にして失った賭け金を得ることは出来なくなります。このように、マーチンゲール法は失敗しプレイヤーに多くのトラブルを引き起こす可能性があるのです。 ...

マーチンゲール法のテクニックを使い従来の与信枠で始めます。確率で通常は五分五分となる2つの可能性の中で良い結果が続いたら、ベットシステム設定の後に新しい与信枠を使用します。特定のベースとなる金額、例えば$10から始め、そのラウンド内でこの金額を賭けてスタートし、そのゲームに失敗した場合は、失った金額の2倍を賭けます。運が悪く$10得られなければ、$20賭けることになります。マーチンゲール法ルーレット戦略では次のゲームで再び負けた場合、賭ける額をまた2倍にします。$20負けたとしたら、この時点で$40賭けることになります。勝てば、それまでの損失を取り戻しベースの金額である10$に戻ります。レボルーションもこの種の構造を持っています。 ポイントとしては、勝つたびにそのラウンドで勝つために賭けなければならなかった全てを取り戻せるということです。説得力がないように聞こえますか?実際には、落とし穴があります。頻繁に負けた場合、軍資金すべてが非常に速く消えていきます。苦しみの数と共に、賭け金が指数関数的に増加していくのです。複雑に聞こえますか?付け加えるとすれば、タイミングの良し悪しで未来が変わるということです。 同額・倍増構成 小さい数字(できれば最低額)から始め、負けるまで同じ金額を賭けます。負けた場合、次のラウンドで賭け金を倍にします。勝てば前のラウンドで負けた分を取り戻しより多くを得ることが出来ます。負けたら賭け金を増やすのです。理由は類似しています。プレイする限り、プレイヤーはリセットし次のラウンドで最低額で賭けが出来ます。損失をきれいにして繰り返していくのです。しかし残酷な現実として、理想的な設定であっても様々な場合でお金の一部を無駄にする可能性があります。マーチンゲール法がハウスエッジに勝てるのかと言うと、このアイディアは良いものの、カジノ側が最終的に勝つと考えられます。 勝ち負けの見込み ほとんどのプレイヤーは、一つの色に対し10回負けることは有り得ないと踏み、慎重にこれらの数字を考えます。計算して、ヨーロッパとアメリカのルーレットにおいてそれがどれほど不可能であるかを見てみましょう。例えば、10回連続で赤になる確率に対し、「10回連続で黒になる」確率ではなく、「10回赤にならない」可能性を測ります。この2つは同じではないからです。プレイヤーが「赤」であれば、五分五分となるプッシュで5回黒(ブランク1回、黒4回)となります。運重視のヨーロピアンルーレットでは、このマーチンゲール法の見込みではなくなります。一つの色に対する10回のラウンドでプレイヤーが勝たない確率は784分の1だからです。これは素晴らしく聞こえるでしょうが、間違いなく最初の段階は運次第です。 ...

マーチンゲール法はカジノで多く使用されています。しかし、ルーレットプレイヤーの多くが、ウェブ上でギャンブルをする時にも常にこの手法を使用しています。 マーチンゲール法を採用したことがあれば、賭け金を倍増し1回で利益を得る喜びを追求するということは理解できるでしょう。例えば、$10を賭けて勝てば、$20得るため、1回当たり$10となります。$10負けた場合、賭け金を$20に倍増して勝てば、利益は$40となります。言うまでもなく、ルーレットプレイヤーのほとんどが負けた際に破綻します。 五分五分の確率で勝てる可能性をルーレットプレイヤーが見つけた時に冒険は始まります。 1:1の選択肢の中で、赤・黒、奇数・偶数、ハイ・ローの3つのうち、多くのゲーマーがしばしば赤・黒の賭けをします。多くのゲーマーがマーチンゲール法のようなお気に入りのルーレット手法を用いようとしているので、一つの色を選ぶという視覚的魅力が彼らの注意を引くのでしょう。 アクションのためのマーチンゲール法戦略 マーチンゲール法を持つルーレットプレイヤーは、6回連続する赤や五分五分の黒を追求します。しかし、10回連続して同じ色が出た時、切迫感に駆られる傾向があります。するとプレイヤーは、理論によってその色とは反対に賭けるでしょう。色の連続が続くほど、同じ色が出る可能性は高まるのです。よって、最初の挑戦で負けると、勝つ前に破綻し資金が底をつきます。 マーチンゲール法を用いて、連続した後を狙うことを切望しギャンブルをすればするほど、その連続は長くなりカジノ用資金を失う可能性が高くなります。最初のベットで連続が終わる結果となれば、プレイヤーは次のベットを 2 倍にします。6回まで負け続けると、リスクの蓄積と利益を対比した時に続ける価値がない危険ゾーンに入ると考えられます。 マーチンゲール法の沼にハマるルーレットプレイヤーの問題は、やめたがらないということです。アドレナリンが放出され、頭の中で「次で勝てるのではないか?」と考えてしまうことがよくあります。抱えている損失と、一回のわずかな利益にしがみついてしまうのです。これは熱意や恐怖が入り混じった感情であり、そのゲームで賭け続けてしまう一つのパターンでもあります。それでも論理的な利益は常にその一回とは限らないので、勝利は巨大に見えます。 もちろん、ルーレットのプラットフォームは私には関係のないところですが、危険性と損失を最小限に抑えるためにマーチンゲール法を微調整する方法があるのかどうか疑問に思いました。私はマーチンゲール法のアプローチを強化する戦略を開発したと思います。マーチンゲール法の問題について私が見るすべてを解決する本当のトリックとなるため、アプローチ策定に至りました。 ...

標準的な与信枠でマーチンゲール法戦略を活用してみましょう。通説としては以下のようになります。プレイヤーが2つの可能性の中で何回か良い結果が続いても、確率よってそれには終わりが来ます。賭け条件がシステムをオープンにした後、必要な分プレイヤーは与信枠を上げます。ベースとなる数字、例えば$10で始め、負けたら次にまたこの額を賭けます。再び負けた場合は、マーチンゲール法ルーレットの手順により、倍額で賭けます。$20負けた場合は、$40賭けます。勝った場合は、そのゲームに対し賭ける額をベースの$10に戻します。この種の手法は、フレームワークとも呼ばれます。 ポイントとしては、勝つたびにそのラウンドで勝つために賭けなければならなかった全てを取り戻せるということです。素晴らしく、効果的に聞こえませんか?実際には落とし穴があります。一つのプッシュでかなりの額を負けてしまった場合、軍資金すべてが非常に速く消えていきます。つまり、賭ける額が苦しみと共に指数関数的に増加していくのです。複雑に聞こえますか?付け加えるとすれば、運次第で状況が一瞬で変わるということです。 構成プログラムとレイズ 小さい数字、出来れば最低額で始め、勝ったらまた最低額を賭けます。負けた場合、次のゲームで賭け金を2倍にします。結果として、勝てば前のゲームで失ったお金を取り戻しより多くを得ることが出来ます。負けた場合、賭け金を増やします。理由はこれまでと同等です。リセットし、次のゲームで最低額から賭けていくべきなのです。損失をきれいにしてやり直すのです。マーチンゲール法ルーレット技術では、各損失の後に増額し、各勝利の後にわずかなアドバンテージを獲得します。理想的な設定でも様々な部分である程度お金を無駄にする可能性があるいう事実を考慮すると無意味な現実です。マーチンゲール法はハウスエッジに勝てるのでしょうか? プレイヤーは2つの可能性に集中することになるので、マーチンゲール法ルーレットは魅力的に感じるかもしれません。主として、少ない額、望ましくは最低額で始まり、同じその額を賭けていきます。そして、次のラウンドで賭け金を2倍にします。なので、運が良ければ前のゲームで負けた分を取り戻しより多くを獲得します。ただ厳しい現実として、理想的な構成でも複数の部分でお金を無駄にする可能性があります。赤の10ターンのシナリオの確率は784分の1です。ヨーロピアンルーレットにおけるマーチンゲール法での運の影響は共に同じではありません。 ...

マーチンゲール法のテクニックは、獲得金を2倍にし、1回の利益を確保しようとすることです。例えば、10ドル賭けて勝つと20ドル得るので、1回分の利益は10ドルです。10ドル失い、賭け金を20ドルに倍増しプレイすると、合計リターンは40ドルなので、総支出30ドルを以て勝ちになります。当然のことながら、ルーレットプレイヤーの多くも負けた時に倍の金額を賭けます。ルーレットプレイヤーが、マーチンゲール法ルーレット戦略を勝つ見込みが十分ある五分五分の可能性に対する賭けであると見なした時、この戦略の活用が始まります。 アクションフィールドでの苦難 ルーレットプレイヤーは、マーチンゲール法で少なくとも6つの赤または黒が連続で出ることを期待します。しかし、10回連続して同じ色が出た時、緊迫感が走ります。その連続が長くなるほど、次も同じ色が出る可能性は高まりますが、仮説によってその色とは反対に賭けるプレイヤーが多くなります。よって最初の挑戦で失敗した時は、勝つか資金が底をつきるまで倍賭けし続けることになるのです。 マーチンゲール法のテクニックを使って連続の後を狙えば狙うほど、カジノ用資金が失われる可能性が高くなります。最初のベットで連続が終わる結果となれば、賭け金を2倍にします。6回まで負けてしまうと、そうなる可能性が出てきます。 マーチンゲール法戦略 長く続く連続はルーレットプレイヤーの軍資金を奪っていきます。マーチンゲール法ルーレット戦略は消えゆく資金を補完する追加資金をもたらすはずですが、このマーチンゲール法は実に無情で、カジノ側が好む手法です。ほとんどのプレイヤーが資金が底をつき終わりますが、まれに、カジノの最大ベット制限を超えるベット額を賭けるプレイヤーもいます。 カジノは通常、20回以上の同じ色の連続を記録しませんが、あるカジノは、1943年にアメリカで32回連続で赤が出たことを報告しました。私はルーレットで赤が25回続いたのを見たことがありますが、その間にディーラーが変わったのを覚えています。 お金持ちであれば、勝てる可能性は高くなります。一回の勝利を保証するために時間がかかるので、連続のほとんどは長くなりません。ただし、この推論には2つの側面があります。 戦略的微調整 私は以前この投稿で、マーチンゲール法に対する私の解決策は明確なものであると書きました。連続に反して賭け始める時はいつでも、マーチンゲール法のテクニックはいつ賭けるべきか、いつ賭けざるべきかを教えてはくれないという事を知っておく必要があります。前提として、ルーレットプレイヤーは各損失に対し賭け金を倍にすることによって連続に対しベットします。すべての資金を失うまで成功しなかったりカジノのベット制限に達することもありますが、勝利の鍵はプレイヤーが賭けた選択肢に残ります。 ルーレットプレイヤーが黒が連続する場に居合わせた時、私のマーチンゲール法の微調整では黒で倍賭けすることになりますが、最初の赤の賭けで負けた場合、黒の連続が続くと考えられ、次に私は黒に賭けるでしょう。私の直感が正しければ、二回目の挑戦で勝ちその連続が止まることはないでしょうが、ベットヘッジとして、私が間違っていたとしても、それはまだ続くのです。 ...