マーチンゲール法ルーレット戦略

マーチンゲール法はカジノで多く使用されています。しかし、ルーレットプレイヤーの多くが、ウェブ上でギャンブルをする時にも常にこの手法を使用しています。

マーチンゲール法を採用したことがあれば、賭け金を倍増し1回で利益を得る喜びを追求するということは理解できるでしょう。例えば、$10を賭けて勝てば、$20得るため、1回当たり$10となります。$10負けた場合、賭け金を$20に倍増して勝てば、利益は$40となります。言うまでもなく、ルーレットプレイヤーのほとんどが負けた際に破綻します。

五分五分の確率で勝てる可能性をルーレットプレイヤーが見つけた時に冒険は始まります。

1:1の選択肢の中で、赤・黒、奇数・偶数、ハイ・ローの3つのうち、多くのゲーマーがしばしば赤・黒の賭けをします。多くのゲーマーがマーチンゲール法のようなお気に入りのルーレット手法を用いようとしているので、一つの色を選ぶという視覚的魅力が彼らの注意を引くのでしょう。

アクションのためのマーチンゲール法戦略

マーチンゲール法を持つルーレットプレイヤーは、6回連続する赤や五分五分の黒を追求します。しかし、10回連続して同じ色が出た時、切迫感に駆られる傾向があります。するとプレイヤーは、理論によってその色とは反対に賭けるでしょう。色の連続が続くほど、同じ色が出る可能性は高まるのです。よって、最初の挑戦で負けると、勝つ前に破綻し資金が底をつきます。

マーチンゲール法を用いて、連続した後を狙うことを切望しギャンブルをすればするほど、その連続は長くなりカジノ用資金を失う可能性が高くなります。最初のベットで連続が終わる結果となれば、プレイヤーは次のベットを 2 倍にします。6回まで負け続けると、リスクの蓄積と利益を対比した時に続ける価値がない危険ゾーンに入ると考えられます。

マーチンゲール法の沼にハマるルーレットプレイヤーの問題は、やめたがらないということです。アドレナリンが放出され、頭の中で「次で勝てるのではないか?」と考えてしまうことがよくあります。抱えている損失と、一回のわずかな利益にしがみついてしまうのです。これは熱意や恐怖が入り混じった感情であり、そのゲームで賭け続けてしまう一つのパターンでもあります。それでも論理的な利益は常にその一回とは限らないので、勝利は巨大に見えます。

もちろん、ルーレットのプラットフォームは私には関係のないところですが、危険性と損失を最小限に抑えるためにマーチンゲール法を微調整する方法があるのかどうか疑問に思いました。私はマーチンゲール法のアプローチを強化する戦略を開発したと思います。マーチンゲール法の問題について私が見るすべてを解決する本当のトリックとなるためアプローチ策定に至りました

Views:
11
Article Categories:
Today

Comments are closed.