マーチンゲール法ルーレット戦略の全体像をつかむ

マーチンゲール法のテクニックは、獲得金を2倍にし、1回の利益を確保しようとすることです。例えば、10ドル賭けて勝つと20ドル得るので、1回分の利益は10ドルです。10ドル失い、賭け金を20ドルに倍増しプレイすると、合計リターンは40ドルなので、総支出30ドルを以て勝ちになります。当然のことながら、ルーレットプレイヤーの多くも負けた時に倍の金額を賭けます。ルーレットプレイヤーが、マーチンゲール法ルーレット戦略を勝つ見込みが十分ある五分五分の可能性に対する賭けであると見なした時、この戦略の活用が始まります。

アクションフィールドでの苦難

ルーレットプレイヤーは、マーチンゲール法で少なくとも6つの赤または黒が連続で出ることを期待します。しかし、10回連続して同じ色が出た時、緊迫感が走ります。その連続が長くなるほど、次も同じ色が出る可能性は高まりますが、仮説によってその色とは反対に賭けるプレイヤーが多くなります。よって最初の挑戦で失敗した時は、勝つか資金が底をつきるまで倍賭けし続けることになるのです。

マーチンゲール法のテクニックを使って連続の後を狙えば狙うほど、カジノ用資金が失われる可能性が高くなります。最初のベットで連続が終わる結果となれば、賭け金を2倍にします。6回まで負けてしまうと、そうなる可能性が出てきます

マーチンゲール法戦略

長く続く連続はルーレットプレイヤーの軍資金を奪っていきます。マーチンゲール法ルーレット戦略は消えゆく資金を補完する追加資金をもたらすはずですが、このマーチンゲール法は実に無情で、カジノ側が好む手法です。ほとんどのプレイヤーが資金が底をつき終わりますが、まれに、カジノの最大ベット制限を超えるベット額を賭けるプレイヤーもいます。

カジノは通常、20回以上の同じ色の連続を記録しませんが、あるカジノは、1943年にアメリカで32回連続で赤が出たことを報告しました。私はルーレットで赤が25回続いたのを見たことがありますが、その間にディーラーが変わったのを覚えています。

お金持ちであれば、勝てる可能性は高くなります。一回の勝利を保証するために時間がかかるので、連続のほとんどは長くなりません。ただし、この推論には2つの側面があります。

戦略的微調整

私は以前この投稿で、マーチンゲール法に対する私の解決策は明確なものであると書きました。連続に反して賭け始める時はいつでも、マーチンゲール法のテクニックはいつ賭けるべきか、いつ賭けざるべきかを教えてはくれないという事を知っておく必要があります。前提として、ルーレットプレイヤーは各損失に対し賭け金を倍にすることによって連続に対しベットします。すべての資金を失うまで成功しなかったりカジノのベット制限に達することもありますが、勝利の鍵はプレイヤーが賭けた選択肢に残ります。

ルーレットプレイヤーが黒が連続する場に居合わせた時、私のマーチンゲール法の微調整では黒で倍賭けすることになりますが、最初の赤の賭けで負けた場合、黒の連続が続くと考えられ、次に私は黒に賭けるでしょう。私の直感が正しければ、二回目の挑戦で勝ちその連続が止まることはないでしょうが、ベットヘッジとして、私が間違っていたとしても、それはまだ続くのです。

Views:
13
Article Categories:
Today

Comments are closed.