プロトコルを持ったマーチンゲール法ルーレットの実行

マーチンゲール法のテクニックを使い従来の与信枠で始めます。確率で通常は五分五分となる2つの可能性の中で良い結果が続いたら、ベットシステム設定の後に新しい与信枠を使用します。特定のベースとなる金額、例えば$10から始め、そのラウンド内でこの金額を賭けてスタートし、そのゲームに失敗した場合は、失った金額の2倍を賭けます。運が悪く$10得られなければ$20賭けることになります。マーチンゲール法ルーレット戦略では次のゲームで再び負けた場合、賭ける額をまた2倍にします$20負けたとしたら、この時点で$40賭けることになります。勝てば、それまでの損失を取り戻しベースの金額である10$に戻ります。レボルーションもこの種の構造を持っています。

ポイントとしては、勝つたびにそのラウンドで勝つために賭けなければならなかった全てを取り戻せるということです。説得力がないように聞こえますか?実際には、落とし穴があります。頻繁に負けた場合、軍資金すべてが非常に速く消えていきます。苦しみの数と共に、賭け金が指数関数的に増加していくのです。複雑に聞こえますか?付け加えるとすれば、タイミングの良し悪しで未来が変わるということです。

同額・倍増構成

小さい数字(できれば最低額)から始め、負けるまで同じ金額を賭けます。負けた場合、次のラウンドで賭け金を倍にします。勝てば前のラウンドで負けた分を取り戻しより多くを得ることが出来ます。負けたら賭け金を増やすのです。理由は類似しています。プレイする限り、プレイヤーはリセットし次のラウンドで最低額で賭けが出来ます。損失をきれいにして繰り返していくのです。しかし残酷な現実として、理想的な設定であっても様々な場合でお金の一部を無駄にする可能性があります。マーチンゲール法がハウスエッジに勝てるのかと言うと、このアイディアは良いものの、カジノ側が最終的に勝つと考えられます。

勝ち負けの見込み

ほとんどのプレイヤーは、一つの色に対し10回負けることは有り得ないと踏み、慎重にこれらの数字を考えます。計算して、ヨーロッパとアメリカのルーレットにおいてそれがどれほど不可能であるかを見てみましょう。例えば、10回連続で赤になる確率に対し、「10回連続で黒になる確率ではなく、10赤にならない」可能性を測ります。この2つは同じではないからです。プレイヤーが「赤」であれば、五分五分となるプッシュで5回黒(ブランク1回、黒4)となります。運重視のヨーロピアンルーレットでは、このマーチンゲール法の見込みではなくなります。一つの色に対する10回のラウンドでプレイヤーが勝たない確率は784分の1だからです。これは素晴らしく聞こえるでしょうが、間違いなく最初の段階は運次第です。